読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

救いの体験(ヨハネ10章1~10節)

 救いは狭義で死にそうな状態から救助されるという意味ですが、広義で命が開花する、しかも豊かになるというより肯定的な見方があります。この見方では救いは豊かな命を意味し、それはこの地上にいる間の贈り物であり、信仰生活のための支えなのです。「私が来たのは、羊が命をうけるため、しかも、豊かにうけるためである」(ヨハネ1010節)。命を与える、さらに豊かに与えるイエスのことばです。 

ヨハネ福音書において「命を得る」は信じることとつながっています。最初のところでは「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」(316節)と最後に「これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである。」(2031節)従って、神がわたしたちのために望まれる幸せと豊かな命、それを信じ、味わい、実感する時、救いの体験と言えるので。

f:id:nipponblog:20140513050801j:plain