神の契約  

書簡箇所 => Laudate | 教会カレンダー

  「神は私たちと契約を結ばれました。契約(covenant)という単語は「一緒になる」という意味です。神は私たちと一緒になることを望んでおられます。ヘブライ語聖書の物語の多くで、神は私たちを敵から守り、危険を防ぎ、自由へと導かれる神として現れます。神は、「私たちのための神」なのです。イエスがこられる時、契約の新しい次元は明らかにされます。イエスにおいて、神は私たちと同じように生まれ、成熟し、生き、苦しみを受け、そして死にます。神は「私たちと共にある神」です。

  去って行かれる時、イエスは聖霊を約束されました。聖霊において、神は契約の本当の深みを明らかにされます。神は私たちの息のように私たちの近くにいたいと望まれます。神は、私たちの内で息をしようとしておられます。私たちの言葉、思い、行いのすべてが神によって息を吹き込まれるものとなるように。神は「私たちの内にある神」です。このように、神の契約はかみがいかに私たちを愛しておられるかを開き示してくれます。」 

     H.ナウエン、「今日のパン、明日の糧」、聖公会出版、2003年、100項

f:id:nipponblog:20160220004029j:plain