読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一枚の紙

   2年前、研修のためにイタリアへ派遣されることになった私は、日本を離れるにあたって、多くの人に折り紙で鶴を折って欲しいとお願いしました。その目的は、日本で折り鶴を作る人と、イタリアでその鶴をもらう人とのつながり、すなわち絆を結ぶためです。折り紙を折る人には、健康や世界平和、円満な家庭など、それぞれの願いを込めながら折って欲しいと伝えました。そして、折り紙をもらった人には、その願いの実現に協力するために、慈善を行うことを約束してもらいました。

    イタリアで出会った様々な人に折り鶴を渡してきたので、現在、手元には少ししか残っていません。しかし、嬉しいことに、折り紙を差し上げた多くの人から、その約束を必ず実現するようにしますという言葉をいただきました。数千羽の折り鶴によって、日本にいる人とイタリアにいる人との間に縁ができました。お互いに面識がなくても、人間同士の交わりの一環として、実践できたことだと思います。一枚の紙の力。それは不思議な出来事です。そこから生み出されたものは、人間同士の信頼と協力ではないでしょうか。

                f:id:nipponblog:20160415163226j:plain