読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大胆な正座 

福音朗読は  Laudate | 教会カレンダー    (ルカ10章38~42節)

    マルタとマリアのエピソードを読む度に、活動より祈りが優れたものだという誤解が生じているのではないかと惧危しています。マルタと同じように、じっとできない私たちにとっては、落ち着いたマリアの姿を真似るのは難しいと考える人も多いのではないでしょうか。

    実は、イエス様の足もとに座るというマリアの姿は、謙遜ではなく勇気のいる行為なのです。なぜなら、彼女は女性に対する当時の宗教の常識に挑戦しているからです。「女に律法を教えるのはもったいないし、時間の無駄遣いである」という教えがあったそうです。律法を学んで聞き従うことは、敬虔な男性ユダヤ教徒の姿であり、マリアは女性でありながら、大胆にも同じ態度を取っています。マルタはそれを批判し、当時の社会の常識を守り、「女性らしい」振舞いを求めているのです。 

  「マルタ、マルタ」と名前を二度呼ばれたのは、叱責の表現ではなく、今置かれている自分の状況に気付かせるための呼びかけです。イエス様を迎えるための様々な準備に追われ、イエス様の語ることを聞くことができないでいる姿を、マルタに気付かせるためなのです。

f:id:nipponblog:20160715133403j:plain