読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天国の郵便局

 福音朗読は  Laudate | 教会カレンダー  (福音17章11~19節)

   私はある夜、夢を見ました。天国で郵便局に入ると、天使が大勢いました。とても広い部屋があり、そこには様々な課があったのです。案内してくれた天使は、「ここは、神様へのすべての願い事を受け取る第一課ですよ」と言いました。あたりを見渡すと、皆がとても忙しそうに仕事をしていました。何と天使たちが全世界から届く願い事を仕分け、整理していたのです。

   第二の課に入り、天使が「ここは小箱を作るところです。恵みや祝福などを仕分けして、それらを頼んだ人間たちに送るのです」と私に言いました。ここも多忙で、地上に送られる祝福の量はものすごいものだったのです。

   廊下の一番奥へ行くと、非常に小さな課があり、たった一人の天使しかいませんでした。何もしないで座ったままでした。天使が「ここは恵みや祝福を受けた人からの確認をする課ですよ」と言いました。「そんなに仕事がないのはいったいどうしてですか?」と天使に聞くと、天使が「大変さびしいことです」と答えました。「祝福を受ける人は多いのですが、受け取ったという確認書を送ってくる人は大変少ないのです」とつぶやいたのです。

f:id:nipponblog:20161007215722j:plain