読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教会一致推進運動(エキユメニズム運動)

   2000年に及ぶキリスト教の歴史の中には、不幸な出来事がいくつか生じており、その一つにキリスト教内部の分裂や対立があります。キリスト教徒はキリストを主と宣言し、キリストに対する信仰を保ち、同じ聖書を信仰のよりどころとしているはずなのに、現状は非常に多くの教派に分かれてしまっているのです。

    21世紀になって、教会はようやく対立ではなく対話の精神で各教派が互いを理解し、一致を実現しようとする道を歩み始めました。この動きをエキュメニズム運動(教会一致推進運動)と呼んでいます。特に、1948年に成立した世界教会協議会(WCC)や第ニバチカン公会議(1962-65年)などが、各教派の一致への歩みを推進する力となってきました。 

  現在のエキュメニズム運動の根底にある精神は、「対話」です。かつては互いに排斥し合っていた時代もありましたが、現在はそれぞれの教派がお互いの立場を尊重し、同じ主キリストを信じる者として交流しようと努めています。たとえば、毎年1月18日から25日を「キリスト教一致祈祷週問」として、各教派が一致のためにともに祈りをささげることにしています。また、共同で聖書を翻訳したり共同で使える讃美歌を作成したりするなど、具体的な形でも一致への道が少しずつ整えられているのです。

 

写真解説 ー 去年10月31日 

教皇の訪問は、スウェーデン政府とルター派世界連盟の招きに応えたもので、マルチン・ルターの宗教改革から500年を記念するエキュメニカルな行事に出席することを目的としている。教皇の訪問は、スウェーデン政府とルター派世界連盟の招きに応えたもので、マルチン・ルターの宗教改革から500年を記念するエキュメニカルな行事に出席することを目的としている。」(当日のラジオバチカンから)

f:id:nipponblog:20170120194304j:plain