読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユスト高山右近―忠実なキリスト者 

  30年前、ザベリオ会の先輩から「キリストは私たちから成功を求めたり、完璧さを期待したりしない。私たちから求めているのは、キリストに忠実な者であることです」ということばを頂きました。しかし、私たちは「どれだけ成功しているか、どれだけ完璧に近づいているか」とついつい考えがちではないでしょうか。
  カトリックの伝統の中で、「赤い殉教」と「白い殉教」という二つの表現があり、二つの信仰の証のあり方を表しています。「赤い殉教」とは命を捨てる、つまり、信仰のために拷問や暴力を受けて殺されるという意味です。長崎の26聖人の殉教者がこれに当たります。それに対して、「白い殉教」とは日常のことをしながら、信仰のためにキリストを他者に証しすることを表しています。日常生活において、様々な形で、あらゆる機会を利用して、証しするという意味なのです。つまり、生涯にわたる一貫した信仰、堅忍、忠実さの証のあり方なのです。それを体現したのは、2月7日に列福式が予定されているユスト高山右近です。信仰の自由が認められている現代の日本では、白殉教の実...践が大切だと思います。
   高山右近の詳細について高槻教会のHPまでご覧ください。
カトリック高槻教会 - 高山右近

f:id:nipponblog:20170203171416j:plain