読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

復活の曙光 

福音朗読は Laudate | 教会カレンダー (ヨハネ20章1~10節)

   マグダラのマリアが墓に行った時、あるものを発見しました。何を発見したのでしょうか。墓に入るほのかな希望すら与えなかった重い石が、取りのけられているのを見たのです。そして、イエス様の遺体が見当たらないことによって、彼女の心の中に何かが生まれています。かすかな光が見えるのです。

   マリアに告げられたペトロとヨハネも墓に走っていき、同じ空の墓に直面しています。遺体が盗まれたのでしょうか。それとも、イエス様の三回もの受難と死と復活の予告がその通りになったのでしょうか。ここでも、かすかな光が見えます。

   マグダラのマリアとペトロ、そしてヨハネは、それぞれがイエス様に対して抱いていた期待と失望が崩れ始めたのを感じたのです。週の初めの日、すなわち復活の日に、まだ暗いうちにかすかな光である曙光が見えるのです。

    私たちも、イエス様をはじめ、周りの人たちに対する勝手な思い込みや他人に対するあきらめの気持ちという重い石を取りのけましょう。復活の日、「まだ暗いうちに」太陽の曙光がその暗を貫いたように、私たちも日々出会う人、共に生活している人、相容れない人に対してぬくもりのまなざしで見ることができますように。

f:id:nipponblog:20170415133014j:plain