読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしたちと双子のトマス

福音朗読は Laudate | 教会カレンダー

  

 トマスだけは、復活したイエスが来たとき、弟子たちと一緒にいませんでした。トマスは、

最後までイエスに従うという覚悟を果たせなかった自分に失望し、他の弟子たちにも失望し

ていました。「主を見た」という弟子たちからの知らせに対して、トマスは繰り返し傷跡の確

認を求めます。トマスにとって、弟子たちが見た主と十字架のイエスを同一視するために、傷

跡というつながりがなければ信じることができなかったのです。

 

 トマスは「ディディモ」と呼ばれていました。「ディディモ」は、「双子」という意味です。トマスは他の弟子たちに対して、頑固で閉鎖的な姿を見せていましたが、復活したイエスに出会い、その束縛から解放されて「わが主、わが神」と信仰告白を叫び出しました。

 

わたしたちにとって、トマスは「双子」ではありませんか。わたしたちの中には、「恐れ」や「疑い」という信仰と相反する気持ちが同時に存在しているからです。「恐れ」、すなわち鍵のかかったドアと「不信仰」、つまりトマスがあるからこそ、復活のイエスとの出会いが豊かないのちを育んでくれます。

 
F.レナト、「聖週間を生きる。毎日の黙想: 受難と復活節の人物とともに」、女子パウロ会、101-2。

f:id:nipponblog:20170421162216j:plain