市場の中の静かな場所

聖書朗読は Laudate | 教会カレンダー  (列王記上19913節)

   

   「静まって、わたしこそ神であることを知れ」(詩編4610)。これは忙しい生活をするにあたり、覚えておくとよい言葉です。私たちは、静けさを騒がしい世界と対比させて考えるかもしれません。でも、仕事をしていたり、教えていたり、建設作業していたり、音楽を演奏していたり、会議中であっても、内なる静けさを保つことはできます。

 

   市場の喧騒の中にあって静かな場所を心の中に保つことが大切です。この静かな場所とは、神が住み、私たちに語りかけられるところです。そこはまた、私たちが忙しい日々の中で出会うすべての人に、癒しとなるような方法で語りかけることの出来るところでもあります。そのような静かな場所がないと、空回りの状態になってしまうでしょう。追い立てられるようにやみくもに、あちらこちら走り回ることになるでしょう。けれども、静けさを心に保っていると、私たちが考え、語り、行うすべてのことにおいて、神がやさしい導き手となってくさいます。

 

H.ナウエン、「今日のパン、明日の糧」、聖公会出版、2003年、118項。

f:id:nipponblog:20170811135820j:plain

 

聞くこと

福音朗読は Laudate | 教会カレンダー  (マタイ1719節)

   聖書は、単なる過去の物語ではありません。現在の私たちにも語りかけている書物です。「祈るとき、あなたは神に語りかけます。あなたが読んでいるとき、神はあなたに話しかけます」という箴言があります。「聞く」ことは、単に耳で相手の声を聞くという意味だけではなく、聖書でよく用いられる表現である「聞き従うこと」や「聞いて実行すること」という行動を伴う姿勢なのです。

   聞き従う人つまり信仰心のある人は、耳だけではなく目でも見ています。鋭い視線で眺めるのです。イエス様の足跡を目で確認し、みことばを聞くために耳を澄ましているのです。また、信仰するということは、イエス様からの呼びかけに一瞬で「はい」と答えるのではなく、旅に出るようなものです。この先に待っている出会いや出来事、そしてそれらがどれほど自分に影響が及ぶかは分かりません。しかし、イエス様は人生の道を案内してくださるので、イエス様にゆだねてみてはどうでしょうか。

 

f:id:nipponblog:20170804181159j:plain

人生に隠された宝

  福音朗読は Laudate | 教会カレンダー  (マタイ13章44~52節)

    福音書にある最初の二つのたとえ話に、「すっかり売り払い」という表現が出てきますが、これはよく誤解される表現です。宝を手に入れるという前提で「売り払う」のではありません。福音書に登場する人物は、宝に偶然遭遇し、その価値に気づいたため、持ち物を売り払うことにしたのです。

   人生における根本的な選択から日常生活での思いがけない出会い、そして突然の出来事は、偶然ではなかったことに後々気づくことがあります。それは毎日のように経験することではないでしょうか。様々な物事に捕らわれて、人生という畑に隠れている宝、すなわち信仰を見逃してしまうこともあるのではないでしょうか。

   日常生活の営みに妨げられた信仰について、神秘主義者のマイスター・エックハルトは、「名匠が木や石で像を造るとき、像を木の中に刻み入れるのではなく、像を覆い隠している木屑を切り除くのである。木に何かを与えるのではなく、何かを取り除き、覆いを取り、さびを取り除くと、その下に隠されているものが輝き出るのである。これは、福音書の中で、主が畑に隠された宝といったものである。」と述べています。私たちは、あれもこれも追い求めたり、また追われたりしがちです。その中から本当に大切なものを見つけてみませんか。

f:id:nipponblog:20170728165537j:plain

 

イエスの見方 

福音朗読は Laudate | 教会カレンダー  (マタイ13章24-30節)

   今日の福音書には、収穫の場面が描かれており、畑によい麦と毒麦が登場しています。ここで、私たち人間の世界に目をむけてみましょう。仕事を効率良くこなす人とそうでない人や、健康な人と病人というように、私たちは表面的で対照的なレッテルを安易に貼ってしまいがちです。このような分け方によって、私たちの他人に対する見方が成り立っているのではないでしょうか。

    しかし、イエス様の見方は違います。例えば、芸術家は重く固い大理石から気高い彫刻を彫ります。また、何も描かれていない一枚の紙に、美しい絵を描き出すでしょう。同様に、イエス様は一人一人の奥の奥まで見抜き、どのような過去を持っていても、また偉くても目立たなくても才能がなくても、未来を見つめながら傑作を生み出させてくださるのです。これによって、イエス様を信じることの素晴らしさが分かります。愛や希望、そして信頼をもたらす豊かな創造力のある信仰心です。これによって、キリスト教に特有の人間観が作り上げられているのです。

f:id:nipponblog:20170721174515j:plain

人生の土壌に蒔く

福音箇所は Laudate | 教会カレンダー マタイ13章1-9節)

 

   価値のある人生や実り豊かな人生とは、成功や名誉などを手に入れることではありません。価値のある人生とは、自分の道を歩みながら成長し続けることです。人生は土壌のようなもので、様々な出来事が種として蒔かれています。嬉しい時もあれば、辛い時もあり、思いがけない出来事もあれば、待ちに待った出会いもあることでしょう。これまで経験してきたすべてから逃げたり、その出来事に縛られたりすることなく、 それらをどのように受け入れ、どのように応えるのかが大事です。それによって、皆さんがどれくらい円熟した人格であるのかが分るのです。

    皆さんは、今までどんな土壌に落ちてきたでしょうか。どのようにしてその環境に応えてきたでしょうか。言い換えれば、どんな出会いに巡り合ってきたでしょうか。その出会いによってどれほど成長し、実を結んできたでしょうか。

    そして、自身は他者の土壌に種を蒔く人となりましょう。単に蒔くのではなく、豊かに蒔きましょう。丁寧な言葉遣いやためになる助言、寄り添う存在や配慮などの種を惜しみなく蒔くこととなるのです。

f:id:nipponblog:20170714174413j:plain

 

「人生に気をつけて」

福音朗読は Laudate | 教会カレンダー (マタイ11章25~30節)

   「体に気をつけて」という表現はよく使われていますが、「人生に気をつけて」とはおそらく聞いたことがないでしょう。しかし、人生には山があり谷があり、また波風も立つのです。熱心に物事に取り組む時期もあれば、疲れきってしまう時もあるでしょう。元気なときもあれば、力のないときもあります。それは、人生が日常の暮らしの中で展開しているからです。従って、「人生に気をつけて」というのは、人生における谷間や波に注意し、その状況に応えるようにということです。例えば、休息は必要です。時には体と心、そして人生に休息と余裕を与えましょう。

    人生の旅の途上で、私たちは複雑な人間関係に疲れているかもしれません。理解してもらえることが少ない反面、誤解されることは多く、傷ついて疲れています。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう」(28節)。これは、イエス様からの暑中見舞です。忙しい日常生活と複雑な人間関係に疲れている私たちは、この機会にイエス様のもとで休んでみるのはどうでしょうか。

f:id:nipponblog:20170707170525j:plain

一杯の冷たい水 

福音箇所 Laudate | 教会カレンダー(マタイ10章37~42節)

   

   暑い季節に、頼まれなくても自ら進んで冷たい水を一杯飲ませてあげることはごく普通のことであり、大したことではありません。しかし、イエス様にふさわしい弟子、つまりキリスト者としてふさわしい行いをすることは難しいです。なぜなら、それはイエス様に祈ることではなく、イエス様のようにふるまうことを意味するからです。そして、イエス様のようにふるまい、他者を気遣おうとする心構えは、冷たい水一杯を通して表されるのです。

    ミケランジェロによって描かれた名画『最後の審判』には、生前、困っている他者に対して行ったあるいは怠ったことを通して裁かれた人々が描かれています。どのようにして裁かれているのでしょうか。イエス様は、「はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にした(しなかった)のは、わたしにしてくれた(くれなかった)ことなのである。」と宣言なさいます。喉が乾いている人がいれば、冷たい水一杯でも大したことになるのです。

f:id:nipponblog:20170630131338j:plain