「知ってるつもりキリスト教」㉙ 科学とキリスト教は相容れないものか?  

  地球を中心にその他の天体が地球の周りを回っているという天動説が信じられていた時代に、ガリレオ・ガリレイコペルニクスと同様に地動説を主張しました。神が定めたとされる天動説の批判を受けて、カトリック教会はガリレイに対して1616年と33年の2度にわたって異端審問を行いました。そして、地動説は異端であることを決議し、ガリレイには地動説の放棄が強要されました。また、コペルニクスの著書も禁書と決定されました。カトリック教会がガリレイに対するこの判決が不当なものであったことを正式に認め、その判決を撤回したのは、判決から350年以上が過ぎた1992年のことなのです。

       同様の問題は、19世紀末に発表された進化論をめぐっても生じました。ダーウィンが発表した『種の起源』の中で、個々の生物は非常に単純な原始生物の段階から、生存競争や自然淘汰を通して進化してきたことを論じました。この説は、キリスト教世界の中でも特に福音主義の立場をとる人々から激しい批判を受けました。彼らは、世界や生命の始まりは創世記の冒頭にある神による天地創造の記述どおりであることを主張しました。また、神に似たものとして造られた人間が進化を経てきたことは受け入れられなかったのです。

        科学と宗教は、現在ではむしろ相互に補い合うものであることが認められるようになってきました。科学も宗教も、世界とは何か、人間とは何かという根本的な問題に、異なる視点から取り組むことによって貢献していることを忘れてはならないのです。

  宮越俊光著 『早わかりキリスト教』(日本実業出版社、2005年)参照。

***写真は高木淳さんの提供。

f:id:nipponblog:20181213203146j:plain

 

「知ってるつもりキリスト教」㉘  マリアはどのように位置づけられるか?

   カトリック教会は、伝統的にイエスの母マリアヘの崇敬を続けてきました。中世にはマリアヘの信心や崇敬が過剰になり、唯一の神への信仰、そしてイエス・キリストヘの信仰という本来の姿から離れてしまう傾向もありました。本来、キリストに対して示すべき崇敬以上に、人々はマリアに対して熱心に祈るようになり、あたかもマリアが神の特別な恵みを受けた「女神」であるかのように崇めるようになってしまいました。人々はマリアに取り次ぎを祈り、マリアに対して祈ることがキリストと同等、あるいはそれ以上の効果があると考えていたこともあったのです。

    しかし、マリアが神に対する信仰を生涯保ち、従順に生きたことは否定できません。神の子を産むことを告げられた有名な受胎告知の際も、神への信仰に基づいてそれを受け入れています。また、イエスを産んだ後もイエスとともに行動し、宣教活動を見守り、十字架上で死を迎えるときもイエスと苦しみをともにしました。受胎告知のときのマリアの承諾なしに、イエスが生まれることはありませんでした。このマリアの承諾の土台となる純粋な信仰こそが、すべてのキリスト教徒が持つべき最も優れた信仰のかたちなのです。

 宮越俊光著 『早わかりキリスト教』(日本実業出版社、2005年)参照。

***写真は高木淳さんの提供。

f:id:nipponblog:20181206200756j:plain

 

「知ってるつもりキリスト教」㉗ 教会一致推進運動(エキユメニズム運動)

     2000年に及ぶキリスト教の歴史の中で、不幸な出来事がいくつか生じており、その一つにキリスト教内部の分裂や対立があります。キリスト教徒はキリストを主と宣言し、キリストに対する信仰を保ち、同じ聖書を信仰のよりどころとしているはずなのに、現状は非常に多くの教派に分かれてしまっているのです。

     21世紀になり、教会は対立ではなく対話の精神で各教派が互いを理解し、一致を実現しようとする道をようやく歩み始めました。この動きをエキュメニズム運動(教会一致推進運動)と呼んでいます。特に、1948年に成立した世界教会協議会(WCC)や第二バチカン公会議(1962-65年)などが、各教派の一致への歩みを推進する力となってきました。

      現在のエキュメニズム運動の根底にある精神は、「対話」です。かつては互いに排斥し合っていた時代もありましたが、現在はそれぞれの教派がお互いの立場を尊重し、同じ主キリストを信じる者として交流しようと努めています。例えば、毎年1月18日から25日を「キリスト教一致祈祷週問」として、各教派が一致のためにともに祈りをささげることにしています。そして、来月には三回目となる共同での聖書翻訳の集大成である『聖書 聖書協会共同訳』が出版されるのです。

 宮越俊光著 『早わかりキリスト教』(日本実業出版社、2005年)参照。

***写真は高木淳さんの提供。

f:id:nipponblog:20181128182214j:plain

 

 

「知ってるつもりキリスト教」㉖ 神父と牧師の違い  

   日本では、「神父」と「牧師」をよく混同して用いています。一般の人にとって、神父や牧師に接する機会はそれほど多くないでしょうが、キリスト教系の学校に通ったことのある人は、そこで働く神父や牧師に接したことがあるでしょう。

   「神父」は、主にカトリック教会と正教会、そして場合によっては聖公会でも用いられます。ただし、「神父」とは役職を表す言葉ではありません。「○○神父さん」、「○○神父様」というように、呼びかけたり会話の中で名前を呼んだりする際に用いる敬称または呼称です。そのため、役職を表す場合は「司祭」を用います。

   一方、プロテスタント教会では役職を表す時には「牧師」を用いています。そして、牧師への敬称や呼称は、「○○先生」とする場合が多いようです。なお、牧師は結婚することができますが、神父は生涯独身という区別もあります。

 宮越俊光著 『早わかりキリスト教』(日本実業出版社、2005年)参照。

***写真は高木淳さんの提供。

f:id:nipponblog:20181122191510j:plain

「知ってるつもりキリスト教」㉕ 日常用語になったキリスト教のことば(4)

「目からうろこ」

       多くの人は「目からうろこが落ちる」という表現を使ったことがあるのではないでしょうか。この「目からうろこ」は、新約聖書の「使徒言行録」第9章に登場する表現です。キリスト教の表現が、日常生活に浸透していることを実感していただけたはずです。現在では、「あることがきっかけとなり、ものごとの真相や本質が突然わかるようになる」という意味で使われているのです。

 

「目には目を」 聖書と復讐

          日常的に使われる用語になったからといって、必ずしも本来の意味に忠実に基づいて使われているわけではありません。その例が「目には目を」という表現です(出エジプト21・24)。「旧約聖書では復讐が容認されている」と解釈されるなら、それは完全な誤解です。この聖句は有名な表現ですが、世界最古の法律とされるハムラビ法典の中にある「同害報復法」に関連しています。人が片目をつぶされると、復讐する時はエスカレートして相手の両目を傷つけたくなります。しかし、新約聖書のマタイ福音書には、「あなたがたも聞いているとおり、『目には目を、歯には歯を』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい。(38-39)」とイエスは宣言したのです。

***写真はロペス神父(聖ザべリオ宣教会会員)の提供。

f:id:nipponblog:20181115210036j:plain

「知ってるつもりキリスト教」㉔ 日常用語になったキリスト教の言葉(3)

  洗礼

キリスト教信者になるための入信の儀式です。全身または頭に水を受け、三位一体(父と子と聖霊)によって罪がゆるされ、キリストの死と復活にあずかり、新しい命に生まれ変わることを表します。ここから、生き方や考え方に大きな変化をもたらす出来事に遭遇することを示すようになったのです。

 

  キャンドル・サービス 

クリスマス・イブに行われることが多い礼拝の一つです。キリストのシンボルであるろうそくを参加者一同が手に持ち、聖書の朗読や説教を聞いたり讃美歌を歌ったりして、キリストの誕生を祝います。18世紀半ばの東欧の教会で始まったと言われています。

 

  ゴスペル

英語で「福音」という意味です。「ゴスペルソング」や「ゴスペルミュージック」など、19世紀のアメリカで誕生した黒人霊歌やブルーズなどの影響を受けた音楽の通称です。

 

  サービス

「奉仕」あるいは「給仕」の意味で用いられますが、キリスト教では「礼拝」を意味する言葉として利用され、礼拝には他者のために行う奉仕の意味合いがあるとしています。

 

宮越俊光著 『早わかりキリスト教』(日本実業出版社、2005年)参照。

***写真はロペス神父(聖ザべリオ宣教会会員)の提供。

 

 

 

「知ってるつもりキリスト教」㉓  日常用語になったキリスト教の言葉(2)

  • 週間制

なぜ一週間は7日で構成されているのでしょか?7日制の起源は、旧約聖書の創世記1章と2章に描かれている天地創造物語に基づいています。それによると、神は6日間働いて、自然や生物、そして人間を創造されました。その後、7日目に仕事を離れて安息なさり、「第七の日を神は祝福し、聖別された」のです(創世記2・2-3)。これが一週間の成り立ちです。海外へ行って、日曜日に店が閉まっている理由がお分かりです。

  • 紀元前・紀元

今年は2018年ですが、なぜ2018年でしょうか。どのように数えられているのでしょうか?現在、キリストが誕生したと考えられる年を元年とする西暦紀元が多くの国で用いられています。紀元とは、歴史上の年数を数える時の基準となる最初の年のことです。何気なく使っている西暦は、実はキリストの誕生を基準にしているものなのです。

 宮越俊光著 『早わかりキリスト教』(日本実業出版社、2005年)参照。

***写真はロペス神父(聖ザべリオ宣教会会員)の提供。

f:id:nipponblog:20181101220603j:plain