「知ってるつもりキリスト教」 ③ 福音書とは?

  キリスト教の中心人物は、言うまでもなくイエス・キリストです。イエスについて知り、その生き様を学ぶために、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの名を冠した福音書を読むことは第一歩となります。これらの四つの福音書は、イエスの生涯について知るために最も重要な記録です。しかし、イエスの伝記でも福音書を書いた人が出来事を「生中継」したものではありません。 

  福音書は、イエスによってもたらされた救いについての良い知らせです。この良い知らせは、生前のイエスの言葉と行いによって告げられました。イエスの死後、口伝によって受け継がれ、それが後に文書として書き留められて、現在あるような福音書としてまとめられたのです。

   そして、この文書をまとめる作業にあたった人物を「福音記者」と呼びます。四人の名前がそれぞれ福音書に付けられていますが、実際の著者が誰であるかは定かではありません。最古の福音書はマルコ福音書で、マタイとルカの両福音書は、マルコ福音書と今は現存しない聖書学ではQ資料と呼ばれるイエスの語録集を用いて書かれたとされます。これら三福音書は内容が関連しているので「共観福音書」と呼ばれており、ヨハネ福音書は「共観福音書」とは違った視点で書かれているのです。

 宮越俊光著 『早わかりキリスト教』(日本実業出版社、2005年)参照

***写真はロペス神父(聖ザべリオ宣教会会員)の提供

 

f:id:nipponblog:20180614202748j:plain

「知ってるつもりキリスト教」②  聖書:信仰の書   

 

    キリスト教徒にとって、聖書は神の言葉であり、何よりも大切な信仰の規範です。そして、歴史を忠実に書き記すという意図で書かれた記録ではありません。聖書を読む時にまず念頭に置くべきことは、聖書は信仰者の立場で書かれた「信仰の書」だという点です。もちろん、歴史的な記述の中には史実と重なることも含まれています。

   しかし、聖書はそうした歴史的事実を伝えることを第一の目的とした書物ではありません。聖書は、唯一の神に対する信仰を持った人々が、いわば信仰告白のようなものとして著したものと言えます。つまり、何よりも信仰が前提となって書かれたものなのです。このことを忘れてしまうと、聖書の不思議な記述から、単なるおとぎ話や神話のように受け取られてしまうのです。聖書は、神との関係をはじめ、人間の生と死、心の働き、罪と悪の謎を解明しようという意図で編集されています。天地の構造を説明するのではなく、天国への道を示しているのです。

 宮越俊光著 『早わかりキリスト教』(日本実業出版社、2005年)参照

 ***写真はロペス神父(聖ザべリオ宣教会会員)の提供です。

f:id:nipponblog:20180607202514j:plain

 

「知ってるつもりキリスト教」①  聖書:古くて新しい本

    聖書は、見た目は一冊の厚い本ですが、複数の書物がまとめられたものです。当然、一晩で書かれたものではありません。原文では「βιβλία」「諸書」という意味で、ユダヤ教キリスト教聖典です。聖書を読むつもりなら、一番初めの『創世記』からではなく、興味のあるところや調べたいところから読むのをおすすめします。キリストについて学びたいのなら、まず福音書から読んでみると良いでしょう。  

   複数の著者によって紀元前2000年から紀元90年の間に書かれ、イスラエルパレスティナ、そしてエジプトなどのごく限られた地域が舞台となっています。そのため、聖書には時代的にも地理的にも限定的であることを認めなければいけません。ただ、人間の生と死、罪、宇宙の成り立ちなど、どの時代の人でも一度は真剣に考えるようなことを、当時の人なりに信仰に基づいて考察し、後世に伝えるために記しているのです。

    そこで、聖書に書かれた内容の不思議さに目を奪われるのではなく、その不思議な記述を通して著者は何を伝えようとしているのかを読み取る必要があります。そうした時に、はるか昔に書かれたものであっても、現代のわたしたちの心に何か訴えてくるものを感じ取ることができるのではないでしょうか。

宮越俊光著『早わかりキリスト教』(日本実業出版社、2005年)参照

***写真はロペス神父(聖ザべリオ宣教会会員)の提供です。

f:id:nipponblog:20180601182300j:plain

イエスに出会った人々㉑ 「あなた」 (ヨハネ20章29節)

お手持ちの聖書で該当箇所を読んでいただくか、

http://www.bible.or.jp/read/vers_search.html を検索してください。

 

     イエスは「見ないのに信じる人は、幸いである」とトマスに言いました。この幸いは私たちに向けられています。ヨハネ福音書において、「見る」という動詞は深い意味を持った言葉です。目に見えない神が、イエスを通して目に見えるようになったのです。

    「イエスを見る」という体験と出会いは、固定された形で行われるのではなく多角的な体験です。イエスに出会ったフィリポやサマリアの女、マグダラのマリアやペトロ、ヨハネやニコデモ、そしてトマスたちがその証拠です。イエスとの出会いは決められた条件ではありません。限られた場所でも一時の経験でもありません。人生において何度も繰り返されるキリストの体験なのです。出会うきっかけは、人それぞれです。今度は皆さんの番です。ぜひイエスと出会って、「イエスに出会った人々」に貢献してください。 

  次回から、キリスト教に興味を持っている方やすでに洗礼を受けた方まで、皆さんの好奇心をかきたてる楽しい内容を提供したいと考えています。

f:id:nipponblog:20180524204737j:plain

イエスに出会った人々⑳ エマオの二人の弟子、before & after 2(ルカ24章13~35節)

お手持ちの聖書で該当箇所を読んでいただくか、

http://www.bible.or.jp/read/vers_search.html を検索してください。

 

   エマオへの道を歩んでいると、不思議な人が現れて一緒に歩き出します。食事の時、この不思議な人は賛美の祈りを唱えてパンを割いて配りました。そして、二人はその人がイエスだと気付いたのです。どんなに感激し、嬉しかったことでしょう。 

   イエスによる一連の行いには、最大の特徴があります。イエスは巧みに話したり、うまく説明したわけではありません。受け入れることが到底できないと思えた出来事を前にして苦りきっていた心を、自分の姿を現わすことで和ませたのです。弟子たちは心を燃やして戻っていきます。これが、復活したイエスに会ったあとの二人の弟子の変容です。 

***写真とことばはロペス神父(聖ザべリオ宣教会会員)の提供です。

f:id:nipponblog:20180517114756j:plain

イエスに出会った人々⑲ エマオの二人の弟子、before & after 1(ルカ24章13~35節) 

お手持ちの聖書で該当箇所を読んでいただくか、

http://www.bible.or.jp/read/vers_search.html を検索してください。

 

   2人の弟子がエマオに向けて一緒に歩いていました。暗い顔で視線が下がり、互いに顔を見合わせることなく、ゆっくり歩きながら論じ合っていました。この歩き方から、二人が絶望していることを想像するのは容易いことでしょう。3年前にイエスと出会った

ことで人生観が変わり、イエスの慈しみに感動しました。ところが、慕っていたイエスが逮捕され、苦しみを受け、十字架につけられて死に、そして葬られたことは、弟子たちにとって悲惨な結末でしかありません。

    私たちはこの二人の心情を理解することができ、また同様の体験もしています。喪失は人生の一部だからです。喪失は私たちの心や思いに深く根をおろしています。しかもその経験が相次ぐと、人は幻滅し、悲しみとともに怒りを感じるようになります。

 ***写真とことばはロペス神父(聖ザべリオ宣教会会員)の提供です。

f:id:nipponblog:20180510211104j:plain

イエスに出会った人々⑱ パウロ(フィリピ1章21-26節)

お手持ちの聖書で該当箇所を読んでいただくか、

http://www.bible.or.jp/read/vers_search.html を検索してください。

 

  パウロのキリストへの愛と熱望、そしてフィリピの教会への愛と心構えは、彼にとって心臓の鼓動のようなものであり、命そのものです。死ぬことによってキリストと共になる一方で、生きることによって共同体の信仰を深めさせ、喜びをもたらすことができます。愛は、愛を受ける側が中心です。どれほど相手を愛し、どのように愛しているかが重要です。パウロは「どちらを選ぶべきか」という切迫した状態になるほど、キリストとフィリピの教会への愛で燃え、駆り立てられているのです。

    パウロと同じように、キリストに従う者の使命もそうです。洗礼を受けることによって固有の使命、つまり自分が置かれているところで周りの人々に福音を伝え、証しすることを果たしていきます。

    パウロは「生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです。」(ガラテヤ2章20節)と宣言するほど、自分とキリストを同一視したのです。

 ***写真とことばはロペス神父(聖ザべリオ宣教会会員)の提供です。

f:id:nipponblog:20180503203916j:plain